ガラスシャッターの家

Back

周辺のビルと同じように直方体のボリュームを配置しているが、敷地の西半分いっぱいに空地をとっている。この側面のコートヤードを道路に開き、全面のパブリックなファサードと側面のセミパブリックなファサードというヒエラルキーをつくっている。これらはフルハイトのガラスシャッターとし、道路の延長としてのセミパブリックなコートヤードは、シャッターを全開することで内部空間の延長としてのセミパブリックなコートヤードへと変貌する。

image_pdf