ハイチ地震復興支援 緊急シェルター

Back

1月12日ハイチを襲ったマグニチュード7.0の地震被害は、死亡者推定22万人以上という、近年の自然災害で最悪な状況となった。阪神大震災死亡者数約7千人、四川大地震約9万人と比べても桁外れの被害の大きさである。住宅の損壊もひどく、120万人が家を失い、50万人以上がテント生活をしている。隣国ドミニカ共和国の首都サント・ドミンゴにあるUniversidadIberoamericanaの建築学科の協力で、地元で手に入る材料を使い、シェルターを必要としている適切なコミュニティーのために、我々の手で仮設シェルター及び仮設住宅を製作した。 

image_pdf