3枚の壁

Back

われわれの活動拠点でもあるスタジオである。ここでは「3枚の壁」はより明確に分節化され、それぞれが異なる表情と機能を持っている。それぞれの壁をつなぐ要素はガラスやガラスブロックとし、ここから差し込む光が、3枚の壁の独立性を強化している。平面的には各階同一の間取りであるが、家具や天井高の変化によって、それぞれ雰囲気の異なった空間となっている。

image_pdf