避難所用 間仕切りシステム2 -福岡県西方沖地震-

Back

福岡県西方沖地震による被災者のために提案した避難所用の間仕切りシステム。避難住民の人数変化に緩やかに対応できるよう、部材寸法を調整した。被災直後はハニカムボードを畳のように床だけに敷き、避難可能な人数のキャパシティを上げ、その後の避難住民の減少に伴って不必要となる床材を再利用して腰壁状に立てて家族ごとに囲い、就寝時のプライヴァシーを最低限確保できるようにした。

image_pdf