壁のない家

Back

斜面に位置するこの住宅は、後部山側の床スラブを曲線状に屋根までめくり上げることで背後の土圧を自然に受け、床スラブに流している。さらに水平な屋根面の後辺は床スラブの頂点と完全に固定することにより、すべての水平力を床スラブに流し、前面に唯一ある3本の柱は、全く水平力を負担せず、鉛直力のみ負担する。形態のアーティキュレートにとどまらず、構造システムも完全にアーティキュレートしている。

image_pdf