ヴィラ クル

Back

敷地から一望できる周囲の景観をどのように見せるかということをテーマとしている。全体の構造は、水回りを収めた円形のコアと、寝室を収めた正方形のコアに依存しており、斜面に張り出したキャンティレバーの床からは開放的な眺望を得ることができる。道路と平行に配されたブロック積みの壁は、道路からの眺めを遮断し、居間に至ってはじめて視界が開けるという演出効果を持っている。

image_pdf