2/5ハウス

Back

長方形の敷地を短辺方向に5等分し、南側から前庭、屋内、中庭、屋内、後庭と15mx5mの空間を並列している。ひとつの天井の下にニュートラルな室内環境を作り出すのではなく、床のみを共有するユニバーサルフロアとして異なる機能のスペースを見渡すことができる。季節や時間の変化にしたがって、垂直、水平の可動スクリーンにより、閉鎖性や開放性をコントロールできる。

image_pdf