「紙の建築と災害支援」展

Back

これまで建築設計の傍ら、世界中の被災地で仮設住宅を建設し、避難所で家族ごとのプライバシーを守るための間仕切りを提供するボランティアを行ってきた活動を、世田谷区三軒茶屋の生活工房ギャラリーで展覧会を計画した。避難所用間仕切りシステムの紙管を用いた展示構成とし、紙の建築、災害支援、その他の活動の3つの軸から展示を行った。この展示にあわせて、子供用避難所用間仕切りシステムを組み立てるワークショップを行い、多くの世田谷区民に参加いただいた。

image_pdf