2020 九州南部豪雨 / 避難所用・紙の間仕切りシステム

Back

坂茂建築設計+ボランタリー・アーキテクツ・ネットワークでは、7月4日に九州南部を中心に発生した豪雨災害への支援として、紙の避難所用間仕切りシステム1300ユニットの提供をしました。

熊本県人吉市 人吉スポーツパレス

熊本県八代市 八代総合体育館

熊本県多良木町 旧多良木高校

救護所としての利用(日本赤十字社)

安倍首相に間仕切りを説明

間仕切りの設置ハニカムベッドの設置
2020/7/30人吉市 人吉スポーツパレス385ユニットを納品
2020/7/24人吉市 中原小学校77ユニットを納品
2020/7/24人吉市 東小学校72ユニットを設置
2020/7/23人吉市 西小学校74ユニットを設置
2020/7/23人吉市 第二中学校109ユニットを設置
2020/7/22相良村 相良総合体育館22ユニットを設置
2020/7/16小国町 小国町役場50台を納品
2020/7/16人吉市 人吉第一中学校50台を納品
2020/7/15多良木町 旧多良木高校95ユニットを設置
2020/7/14八代市 千丁コミュニティセンター32ユニットを設置
2020/7/12八代市 八代総合体育館211ユニットを設置
2020/7/9人吉市 第一中学校84ユニットを設置
2020/7/7人吉市 人吉スポーツパレス2ユニットを設置
2020/7/5人吉市 人吉スポーツパレス25ユニットを設置
合計1300ユニット100台

[協力]
大和リース株式会社
熊本県建築士会
矢橋徹建築設計事務所
内海慎一

image_pdf