Carbon Door Handle / カーボン ドアハンドル

2017

カーボンファイバーは軽量ながら高い剛性と引張強度、低い熱膨張という特徴を持つ興味深い素材である。このFSBドアハンドルは、そのカーボンファイバーをレバー部分の構造体として用い、鋼材のように冷たかったりや静電気を感じたりしないデザインとした。
様々な建物での制限に対応できるよう、通常のハンドルとクランクハンドルの両方に使用できる接合パーツをアルミとし、ハンドル自体のデザインを一貫させた。グリップの断面は楕円形で、45度で切断したときに円形の面が現れる。このジオメトリによりハンドルの先端にもシームレスな手触りを実現している。


Carbon fiber is an interesting material because of its high stiffness, high tensile strength, extremely low weight and low thermal expansion. The FSB door handle is designed in a way that the carbon fiber tube acts as a structural element and comfortable grip, which is not cold like metal or prone to static electric shocks. In order to maintain consistency through the different types of handles required by building regulations, I designed a special neck which can be used for both normal and cranked handles. The grip’s cross section is an ellipse, which reveals a circular face when cut at 45 degrees. This geometry allows for the seamless attachment of the end return at different angles.





Lever/lever set
Narrow-door handle (cranked)